Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

クレジットカード現金化は、購入した商品を自分で転売する事でも行えますよね。この転売、適当にやってると損をしてしまうのはご存知ですか?換金性の高い商品を選ぶ、転売する時期を見極める、転売する場所をよく考える。これらに気を付ければ、よりお得にクレジットカード現金化ができるんです。

現金化コラム

クレジットカード現金化は換金性の高いものを自分で転売してもできる

投稿日:2019年4月15日 更新日:

商品を購入した後、その商品を転売する事でお金が貰えるクレジットカード現金化。

クレジットカード現金化は換金性の高いものを自分で転売してもできる

現金化業者を利用した時、こう思ったりしませんでしたか?

これ、業者を通さずに自分でもできるんじゃないの?と。

その考えは正解で、クレジットカード現金化は自分でも行えるんです。

今回は自分でクレジットカード現金化をする為に行う転売、これで少しでも得をするポイントについて紹介します。

転売する商品は換金率が高く人気の商品を選ぼう!

転売する商品は適当に選んでいいわけじゃありません。

換金性の高いものじゃないと、転売率が50%以下、なんて事も普通にあり得ます。

転売率が70%以下なら、現金化業者を利用した方が高い換金率になってしまうので、必ず換金性の高い商品を選びましょう。

換金性が高い商品は以下です。

Amazonギフト券を含むギフト・商品券
新幹線の回数券
ブランド品
家電
ゲーム機

この内、特にオススメなのがゲーム機。

新しく販売されたばかりのゲーム機なら、所持してる人が少ないので、転売すると高い換金率が期待できます。

品薄状態になってるゲーム機なら、90%近くの換金率で売れる事もあるので、高換金率を期待するならゲーム機にしましょう。

ゲーム機を転売する場合、新品未開封じゃないと価値が落ちてしまうので、商品が届いても袋から出すのはやめてくださいね。

また、Amazonギフト券もオススメ。

Amazonギフト券はプレゼント用としても自分用としても購入する人が多く、需要が高い商品です。

その分、高換金率が期待できるので、転売商品に選んでも損はしません。

Amazonギフト券の場合は専用の買取業者もあるので、そこを利用するのもオススメですよ。

商品が高値で売れる時期を見極めて一番いい時期に転売しよう!

クレジットカード現金化をする時、時期とか考えずに転売していませんか?

実は、転売する時期は換金率に関係するほど、とても大事な要素なのはご存知でしょうか。

どの商品も、「旬の時期」というのは存在します。

この旬の間に転売すれば高値で売る事ができますが、旬の時期を逃すと、転売率が10%以上下がってしまう事もあるんです。

だから、転売する時は時期を見極めるのが大事なんですね。

例えば、ゲーム機の場合は商品の販売が開始した直後、これが一番高値で売れる旬の時期になります。

販売開始から時間が経つにつれて価値も低くなってしまうので、ゲーム機は販売開始直後に転売するのがベストなんですね。

この他にも、家電の場合は新生活を始めるタイミングの春頃、ブランド品はゲーム機と同じ販売開始直後など、商品ごとに旬の時期は違います。

テレビやネットで人気に火が付いたりなど、旬の時期は突然やってくるので、上手く見極めて高値で転売できるようにしましょう。

商品を転売する場所はよく考えてから決めよう!

今はネットの発達とスマホの普及により、転売先の選択肢が増えました。

そして、そんな増えた転売先のどこに商品を売るかも、お得にクレジットカード現金化をするには大事な要素なんです。

基本的には、高値で売れるところを選ぶのが最優先です。

しかし、換金率に差がない場合は、転売先のメリット・デメリットを比較して選ぶようにしましょう。

中古販売店などの店舗型買取業者

店舗に行った当日にお金を貰えるのがメリット。

しかし、換金率は店舗に直接行かないとわからないので、換金率の比較に手間が掛かるデメリットがあります。

ネットオークション

需要が高いと落札金額も吊り上がるので、換金率が上がりやすいのがメリットです。

ただ、すぐには落札されにくく、実際に落札されるまでには1週間以上かかる事も普通です。

今すぐお金が欲しい人には向いていません。

フリマアプリ

利用者が多いので、色んな人に商品を見てもらえる利点があります。

ただ、価格を高くしてしまうと売れない事も多いので、取引金額が低くなりがちなのがデメリットです。

それぞれメリット・デメリットがあるので、換金率や自分の経済事情を考慮して、少しでも得になりそうな場所を選びましょう。

自分でクレジットカード現金化する時に気を付ける事は?

ここまではお得にする方法を紹介しましたが、最後に、自分でクレジットカード現金化をする場合の注意点を伝えたいと思います。

それは、カードの利用停止のリスクがある事。

カード会社では規約でクレジットカード現金化を禁止しています。

そして、その規約に違反してる人がいないか、常に監視してるんですね。

だから、換金性が高い商品を購入したり、同じ商品を短期間に大量購入してたら、まず間違いなくカード会社にバレます。

特に先ほど紹介した新幹線の回数券なんかは、カード会社が監視対象にしてる商品なので、転売目的で購入してたらバレる可能性が高いです。

カード会社にバレると、クレジットカードが利用停止になったり、一括返済を要求される事もあります。

自分でクレジットカード現金化する場合は、このリスクは常に付き纏うので、十分に注意してから転売してくださいね。

カード会社にバレずにクレジットカード現金化できる自信がない、バレるリスクを最小限に抑えたいなら、素直に現金化業者を使いましょう。

現金化業者を利用してのクレジットカード現金化なら、自分で行うよりも安全性は全然高いので、自信がない人にオススメです。

今回紹介した3つのポイント、これを抑えればお得なクレジットカード現金化ができます。

ただ、自分でやる場合は、どうしてもカード会社バレのリスクは伴います。

リスクやメリットを比較して、安全な取引ができるように自分での転売と現金化業者の利用、二つを上手く併用していくのがオススメですよ。

-現金化コラム

Copyright© ゲンフリ , 2019 AllRights Reserved.