Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

返済ができなくなった時の選択肢、自己破産。しかし、クレジットカード現金化が理由だと、この自己破産ができないのはご存知ですか?なぜなら、クレジットカード現金化は免責不許可事由に当たるから。よほど裁判所の心証を良くしない限り、クレジットカード現金化が原因の自己破産はまず無理なんです。

現金化コラム

クレジットカード現金化が原因だと免責不許可事由になり自己破産は無理?

投稿日:2019年4月15日 更新日:

クレジットカード現金化は、現金化業者から入金してもらうのがゴールじゃありません。

クレジットカード現金化が原因だと免責不許可事由になり自己破産は無理?

実際にはこの後、購入した商品の代金をカード会社に返済しなくちゃいけないですよね。

しかし、クレジットカード現金化をする人の中には、この「返済」が抜けている事が多いんです。

もし、カード会社に返済ができなくなったら、頭に浮かぶのは債務整理の一つ自己破産ですよね。

果たして、クレジットカード現金化が理由でも、自己破産はできるのでしょうか?

クレジットカード現金化は免責不許可事由に該当する

結論から言いますと、クレジットカード現金化が原因の場合、自己破産はできない可能性が高いです。

何で?自己破産って借金がある人なら誰でもできるんじゃないの?

そう疑問に思う人もいるかもしれませんね。

自己破産に関する法律の破産法では、「免責不許可事由」という項目があります。

これは名前の通り、免責(借金を免れる)が認められない理由を指しています。

つまり、借金の理由がこの免責不許可事由に該当するものだった場合、自己破産はできないという事ですね。

そして、この免責不許可事由の中には「信用取引で購入した商品を不利益な条件で転売する」というのが入ってるんです。

購入した商品を不利益(安く)転売、これって、まさしくクレジットカード現金化の事を指していますよね。

ここまで来ればわかるかと思います。

破産法にある免責不許可事由、これにクレジットカード現金化が該当するので、借金の理由がクレジットカード現金化だと自己破産ができない可能性の方が高いんです。

自己破産は、借金を背負う人全ての味方というわけじゃないんですね。

免責不許可事由を免れ自己破産できる可能性は0ではない!/h3>

ただ、クレジットカード現金化が理由の借金でも、自己破産ができる可能性が全くないわけじゃありません。

可能性は低いですが、免責不許可事由を免れる事もあります。

自己破産をする場合、裁判所に申請する必要がありますよね。

そして、最終的に自己破産が認められるかどうかは裁判所が決めます。

裁判所側も、「クレジットカード現金化が理由?じゃダメ」と機械的に判断するわけじゃありません。

申請者の事情や借金の理由を聞いて、免責不許可事由に該当するのか、自己破産を認めるのか、決めるんですね。

つまり、自己破産ができるかどうかは裁判所の心証が大事!

生活苦でクレジットカード現金化をせざるを得なかった、などの同情の余地がある理由なら、裁判所も自己破産を認めてくれることがあるんです。

同じく、クレジットカード現金化を反省してる事を裁判所に伝えるのも、裁判所の心象は良くなります。

裁判所も悪人ではないので、申請者が本気で反省してるなら、自己破産を認めてくれることが多いんですね。

だから、クレジットカード現金化での自己破産を考えてる人は、しっかりと理由を説明して、真摯な対応を心掛けるのが大事なんです。

裁判所にクレジットカード現金化はしてないと嘘をつくのはNG!/h3>

クレジットカード現金化が理由だと自己破産できない?それなら、クレジットカード現金化を隠して申請すればいいんじゃない?

そう考える人もいるかもしれませんね。

クレジットカード現金化の事を自分から話さない、確かに、これは一見賢い選択に見えます。

しかし、裁判所にバレずにいられる、というのは難しいんです。

裁判所側は自己破産を認める前に、必ず申請者の身辺を調査します。

現在の収入や借金の総額、クレジットカードの履歴まで調査するんですね。

この時、クレジットカード現金化をしてる形跡があったらすぐに見抜いてしまうし、怪しいカードの使い方をしてたら購入理由を聞いてきます。

だから、クレジットカード現金化がバレずに身辺調査を突破するのはまず無理なんです。

もし、クレジットカード現金化をしてないと嘘をついていた場合、後でその嘘がバレたら裁判所の心証は最悪ですよね。

当然、免責不許可事由を理由に自己破産を却下してきます。

つまり、クレジットカード現金化の事を隠していても、結局裁判所にはバレてしまうので無意味なんですね。

自己破産できる可能性を少しでも上げる為にも、裁判所には素直にクレジットカード現金化の事を伝えるのが一番ですよ。

自己破産以外にできる債務整理はなにがあるの?/h3>

自己破産が裁判所に認められなかった!どうすればいいの?

安心してください、そんな人でも他の債務整理なら救われる事があります。

むしろ、他の二つの債務整理の方が、自己破産よりもハードルが低いんですよ。

任意整理

裁判所を通さずに、債務者の代理人とカード会社が交渉するのがこの方法です。

任意整理が上手くいくと、毎月の返済金額を債務者が支払える額にしてもらったり、利息をカットしたりなど、大幅に減額する事も可能になります。

ただ、注意しなくてはいけないのは、債権者であるカード会社が認めてくれないと任意整理はできない事。

とはいっても、借金を返済して欲しいカード会社側が任意整理を受け入れない事はほとんどないので、そこまで心配はいりません。

返済に悩んでいるなら、まずは任意整理を考えてみるべきでしょうね。

個人再生

返済計画をしっかり立て、それが裁判所に認められたら借金を減額してもらえるのがこの方法です。

個人再生の場合、返済計画さえ守れば無理なく返済を続けられるので、借金の額が多い場合はこちらを選んだ方が有効です。

ただ、借金が小額なら任意整理でも十分なので、借金の元本すら返済が厳しい場合のみ、こちらを利用すると良いと思います。

どちらの方法でも借金の減額が期待できるので、自己破産が無理そうなら、選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

クレジットカード現金化は計画的に行わないと、必ず返済で困ってしまいます。

返済に困ったら自己破産や他の債務整理ができますが、それはあくまでも最終手段、できるだけやりたくないですよね。

便利なクレジットカード現金化、行うのは悪い事じゃないですが、利用額は無理なく返済ができる額に留めておくよう注意したいですね。

-現金化コラム

Copyright© ゲンフリ , 2019 AllRights Reserved.