給料日までお金がない状態になるのは何かしらの原因があります。その原因を探ることで給料日までお金がなくて困るという事態は避けることができますので、まずはそのコツを掴んでください。自分の収支を知ることはその中でも重要なことです。この記事では給料日までお金がない状態になることを回避するために把握しておきたい収支についてと、出費を抑えるコツについてご説明しています。

現金化コラム

給料日までお金がない状態を避け乗り切るための生活ワードは自己管理だった!

投稿日:

計画的に使わないとお金が足りなくなるので注意

給料日までお金がないとは、計画的にお金を使えなかったことを指しています。

給料日までお金がない状態を避け乗り切るための生活ワードは自己管理だった!

給料日を前にして使えるお金が尽きてしまうのは、給料日までを逆算しての出費について考えることができなかったことが主な原因です。

逆に言えば計画的に使えばそのような状態に陥ることは避けられるので対策を取ることは可能です。

一方でそもそものお給料が少ないので1ヶ月もたないという場合もあります。

いずれにしても自分のお給料を把握しておくことでどうすべきかが見えてきますので、自分に合った対策を考える必要があります。

どうすれば給料日までお金がない状態を回避できるかについてのアドバイスと注意点をお伝えさせていただきます。

家計簿をつけて収支を常にチェックするようにする

給料日までお金がない状態になる原因は、自分がいくら使っているかを把握できていないところにあります。

自分が使っているお金が見えていないので、気が付いたら手元にお金が残っていないということになります。

そのような事態を避けるためには家計簿をつけて収支の状況を随時確認できるようにすることをおすすめします。

収支のチェックを行うことで、月の途中でお金が足りなく可能性に気が付くことができますので軌道修正が図れます。

また、継続して家計簿をつけるようにしておくと、毎月どのタイミングでお金が必要になるかもわかるようになるので、予めその分は残しておくという対応も可能になります。

家計簿をつけるのは慣れないと面倒ですが、お金を管理するアプリも多く出ていますので、そちらを利用すると簡単に把握することができます。

自分のお金の減り具合を知っておけばコントロールは可能となりますので、給料日前に急にお金がないと焦ることは減らすことができます。

毎月の支出に無駄が無いかを見直すようにする

給料日までお金がないのは単純に言えば収支のバランスが合っていないからです。

自分の収入に対してお金を使い過ぎていますので、どこかに無駄が無いかを見直すようにしなければなりません。

見直すべき項目は大きく固定費と流動費の2つに分けて考えることをおすすめします。

固定費は家賃や光熱費など、一見どうしても避けられないもののように思えますが、実は無駄が多いものでもあります。

例えばスマホのプランが合っていなかったり、電気や水道を使い過ぎている場合は少し目見直すだけでも支出を抑えることは可能です。

継続的に給料日までお金がない状況が続くなら、家賃がもっと安いところに引っ越すことも検討しなければいけません。

流動費も不要なお金を使っていないか確認をしましょう。

普段からコンビニで買い物をすることが多いと余計なものを買ってしまっている可能性が高いので用も無くコンビニにいくのは減らす必要が出ます。

飲み会に1回減らすだけでも出費は抑えられますので、細かいところから見直していきましょう。

カードでの支払いは注意しなければ大変なことになる

給料日までお金がない人が陥りやすい罠が、カード払いによって起こる翌月の出費の悪化です。

手元に現金がないと、とりあえずということでカード払いをしてしまいがちですが、あまりカード払いばかりをしてしまうと危険です。

カードで支払った分の請求が翌月にくると、その月の給料の大半がカードの支払いに充てられてしまいます。

するとカードの支払日が過ぎると途端にお金がなくなるということになり、また現金がないからカードで支払うという悪循環になってしまいます。

当たり前のことですが、カード払いは支払いを遅らせているだけですので給料日までお金がない状態の根本的な解決にはなりません。

カードで支払う場合も、いくら使ったかを必ず把握するようにして使い過ぎには注意しなければなりません。

近年はキャッシュレスが進み、手元に現金がなくても支払えるものが増えていますので、自己管理ができないと後で大変なことになってしまいます。

いざという時のために少しずつ貯金をしておく

お金というものは自分の意思とは関係なく出ていくものです。

毎月予想外の出費はあるもので、ただでさえお金がない時に予期せぬ出費があるとすぐに給料日までお金がないということになってしまいます。

予期せぬ出費を避けることは簡単ではありませんので、対策として求められるのは急な出費にも耐えられる準備をしていくということになります。

理想は毎月のお給料からいくらかには手を付けずに残しておくことです。

給料をもらったタイミングで少し別の口座に移しておくなどをすると良いでしょう。

収入的にそんな余裕がない場合はボーナスを貯金に回します。

ボーナスをもらうと大きな買い物をしたくなりますが、無駄な買い物をする必要はありません。

それよりも分散して毎月の生活に少しずつ余裕を持たせた方が有意義な使い方と言えます。

どうしても欲しいものは買っても良いとしても、残った分は無駄に使わずに貯金をしておき、給料日までお金がなくて困った時に引きだすようにすると、ピンチを避けることができます。

自己管理で給料日までお金がない状態は避けられる

給料日までお金がない状態は自己管理ができれば避けることはできます。

自己管理はそんなに難しいことではありませんので、まずは自分の収支の把握から始めてみましょう。

給料日までお金がない原因は必ずどこかにありますので、対策をとるのはそれを知ってからです。

原因を突き止めればその課題を解決する方法が見つかるので給料日までお金がない状態を脱することは可能です。

お金の使い方に問題があるのであればそこを改善すれば良いですし、そもそもの給料が足りていないのであれば仕事を考え直さなければなりません。

給料日までお金が残るかどうかは自分でコントロールできるかどうかによるので、自分に見合った対策を考えていく必要があります。

少しの我慢は必要になるでしょうが、慣れてくれば苦になりませんし、コツをつかむことで貯金も可能になります。

-現金化コラム

Copyright© ゲンフリ , 2019 AllRights Reserved.