Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

金策方法として完全に定着しているクレジットカード現金化。しかし、このクレジットカード現金化がいつ誕生したのか、その歴史は知らない人も多いです。なぜ、クレジットカード現金化サービスが普及したのか?それは、時代背景と法律改正、そしてインターネットの誕生が大きな影響を及ぼしているんです。

現金化コラム

クレジットカード現金化の歴史はインターネットの普及による影響が大きい

投稿日:2019年4月15日 更新日:

昨今では当たり前になったクレジットカード現金化。

ネットで「クレジットカード現金化」と検索すれば、沢山の現金化業者が表示されるし、広告も沢山見ますよね。

しかし、このクレジットカード現金化が誕生した時期や、知名度が爆発的に上がったのはいつなのか、その歴史を詳しく知らない人も多いのは?

実はクレジットカード現金化は最近できたばかりの方法ではなく、昔から行われていたんです。

今回は、クレジットカード現金化の歴史について紹介します。

クレジットカード現金化の始まりは1950年代のアメリカ

そもそも、クレジットカード自体がいつ頃出来たのかご存知ですか?

クレジットカード現金化の歴史はインターネットの普及による影響が大きい

クレジットカードが出来たのは1950年代、アメリカが発祥だと言われています。

その後、そのクレジットカードは1960年代に日本や先進国に輸入されるようになりました。

アメリカでは日本よりもクレジットカードが普及し、キャッシュレスも当たり前ですが、クレジットカード発祥の地なら当然の事なのかもしれませんね。

そして、このクレジットカードが作られた頃から、クレジットカード現金化は行われていたとも言われています。

ただし、当時は現金化業者なんてものは存在しませんでした。

だから、自分で商品を購入して転売する、というやり方をしていたんです。

ただ、当時は質屋も少なく、また転売の手段も多くなかったので、クレジットカード現金化というやり方自体は有名ではなく、あくまでも一部の人が行っていただけだったんですね。

現金化業者が誕生したのはバブル崩壊後の1990年頃

一部の人がひっそりと行っていただけのクレジットカード現金化、それがビジネスになったのはいつ頃なのか?

正確な年数はわかっていませんが、バブル崩壊後の1990年代から現金化業者の広告が出始めたのは事実です。

当時はインターネットが出始めたばかり、その普及度も高くなかったので、現金化業者は店舗を出して運営していました。

そして、そこに利用者が足を運び、商品を購入した後にその場で現金化業者に売るという、買取方式の方法をとっていたんです。

いわゆる、今でいう店舗型の業者ですね。

ただ、当時はバブル崩壊後の厳しい時代。

消費者金融などが台頭を始めた事もあり、現金化業者を利用する人は、そこまで多くなかったんですね。

また、カード会社がクレジットカード現金化に目を付け始め、新幹線の回数券や金券などを購入した人に対し、厳しい監視もつくようになります。

このような時代背景もあり、クレジットカード現金化自体は衰退の道を辿っていたんです。

2000年代からクレジットカード現金化業界は活性化する

年々、需要が減っていたクレジットカード現金化。

このクレジットカード現金化が日の目を見る事になった理由、それはインターネットの普及によるものでした。

1990年代後半からインターネットは誕生していましたが、2000年代からは一家に一台パソコンが当たり前になるほど、インターネットが普及しました。

そして、この普及により、インターネットでサービスを始める業者が爆発的に増えたんです。

現金化業者もこの波に乗り、ネット上にサイトを開設、そこで申し込みができるようになりました。

直接店舗に行かなくてもクレジットカード現金化が出来る、この利便性の良さに利用者は食いついたんですね。

また、法律も現金化業者に味方しました。

2010年に貸金業法が改正され、借入金額が制限されるようになったんです。

その結果、金融機関で借入できない人が増え、クレジットカード現金化を頼る人が増えたんですね。

このように、「インターネットの普及」「法律改正」の二つによって、衰退を始めていたクレジットカード現金化業界が活性化したんです。

キャッシュバック方式とネット銀行も人気に一役買う

2000年代に入って完全に普及したクレジットカード現金化ですが、その人気に一役買ったのがキャッシュバック方式とネット銀行です。

それまでは、買取方式が一般的になっていたクレジットカード現金化。

しかし、買取方式の場合、カード会社に目を付けられやすいというデメリットがありました。

何とかカード会社にバレずにクレジットカード現金化が出来ないか、考え抜いた結果、現金化業者が思いついたのがキャッシュバック方式でした。

商品を購入した後に転売するんじゃなく、商品を購入したらキャッシュバックでお金を戻すようにする。

これなら、換金率が高い商品を購入する必要もないし、カード会社にバレにくいという事で、キャッシュバック方式を採用する業者が増えたんです。

また、ネット銀行の登場により、土日休日関係なく商品を購入した当日に入金が可能になったのも、クレジットカード現金化の人気が高まった理由です。

キャッシュバック方式とネット銀行、この二つがクレジットカード現金化業界にもたらした影響は、とても大きいと言えるんじゃないでしょうか。

長い歴史を持つクレジットカード現金化。

こうしてみると、クレジットカード現金化の需要・人気が高まるのは、当然と言えるのかもしれませんね。

キャッシュレスの普及が進むであろう今後、クレジットカード現金化サービスが無くなる、そんな事はないと思います。

お金が必要になったら、クレジットカード現金化に頼るのも選択肢に入れてはいかがでしょうか。

-現金化コラム

Copyright© ゲンフリ , 2019 AllRights Reserved.