Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

借金の返済に日々悩まされている人にとって、債務整理は非常に有効な方法です。借金の減額や帳消しを可能にし、借金の取り立てもなくなるため、経済状況の改善はもちろんのこと、精神的な負担の軽減にも大きく役立ちます。債務整理にはいくつかの種類があり、個人の状況や目的に応じて適切な種類を選択することが大切です。多重債務の悪循環に陥っているような人も、債務整理を利用すれば悪循環を断ち切ることが可能です。

現金化コラム

借金に困っている人にとって債務整理は解決のための効果的な手段

投稿日:

債務整理は誰でも利用可能な法的に認められた国の制度

債務整理は、借金に苦しんでいる人が借金問題を解決する法的な手段のことです。

どのような額の借金であれ、債務整理を行うことによって借金を整理し、生活再建を果たすための有効な方法になります。

借金に困っている人にとって債務整理は解決のための効果的な手段

債務整理のメリットは、誰でも利用が可能という点です。

借金の期間や額も制限がなく、年齢も関係ありません。

借金に苦しんでいる全ての人が対象であり、借金解決手段として法的根拠を有するものです。

借金を返すことが難しくなった場合は、それ以上に状況を悪化させないためにも、債務整理を検討することが有益です。

借金の整理とは、借金を帳消しにしたり、減額したりすることであり、債務整理の種類によってもたらされる効果の違いもあります。

任意整理は最も利用されている借金の支払いを減額する方法

債務整理には「任意整理」「特定調停」「個人再生」「自己破産」の4つの方法があり、個人の状況に合わせて適切なものを選択する必要があります。

それぞれで手段に違いがあり、自分の借金額や返済能力の有無に応じて選ぶ方法も異なります。

この中で、最も一般的で多くの人が利用しているのは「任意整理」です。

任意整理は、債務者が債権者と返済方法を話し合うことで、借金の減額を実現するものです。

話し合いについては司法書士や弁護士を代理人に立てて交渉することが一般的であり、借金をしている人が直接交渉するわけではありません。

任意整理をすれば、借金の総額が減額されるため、経済的負担が軽くなります。

それ以降は、自分が返せる範囲の中で返済することになります。

任意整理は、借金を全額帳消しにするわけではなく、あくまで減額するための手段です。

消費者金融など、特定の賃金業者と交渉を行いたい人にとっても向いています。

手続きを開始すれば、賃金業者から取り立ての催促がなくなるため、精神的にも楽になります。

自己破産は借金を全て帳消しにする最も強力な債務整理方法

自己破産は、借金をゼロにする方法です。

多額の借金ができた人でも、借金を帳消しにすることができる制度です。

そのため、最も強力な借金解決方法と言われています。

任意整理のように、借金の支払いが減額されても返済自体が継続する方法では、収入がある人はいいのですが、無収入の人はやはり借金問題解決には至りません。

収入が少ない人にとっても、支払いの継続によって負担自体は続くことになります。

しかし借金が全てなくなれば、無収入や低所得の人であっても問題なく借金の清算が可能です。

自己破産は、任意整理などの方法では借金問題が解決しない人にとって、最終的な手段として活用される方法です。

最終手段とは言え、決して特殊ではなく、借金に苦しむ多くの人を救済している方法です。

手続きが開始されれば賃金業者からの取り立てもなくなります。

自己破産の場合は、原則として20万円以上の財産は処分されて、債権者に配当されます。

但し、一定の財産は残すことができるため、すべてが処分されるというわけではありません。

特定調停や個人再生の特徴とそれぞれのメリットについて

債務整理には、上記以外にも「特定調停」や「個人再生」があります。

「特定調停」は、簡易裁判所の調停委員が間に立って、債権者と話し合う方法です。

弁護士や司法書士を介するわけではないため、専門家に依頼する費用を節約することが可能です。

特定調停を利用する場合は、債務者本人が裁判所に申立ての手続きをする必要があります。

債権者との交渉は調停委員が行うため、その点は全て任せることができます。

この方法は債務整理にかかる費用を抑えることができ、専門家に依頼する費用がない場合などに利用すると便利です。

但し、自分で書類の作成や提出をする必要があるため、その時間を確保できる人が向いています。

一方「個人再生」は、裁判所に申立てを行い、借金を大幅に減額してもらう方法です。

この方法のメリットは、任意整理や特定調停と比較して、さらに借金の大きな減額が可能という点です。

借金の元本まで減額が可能であり、生活再建に大きく役立ちます。

借金が大幅に減額になれば返済可能な人が利用に向いています。

自己破産よりも適用条件が緩やかなため、自己破産が難しい人にも利用しやすい方法です。

過払い金が発生している場合は現金化できる可能性もある

債務整理は、借金の減額や帳消しを可能にする方法であるため、現金化という観点からも実質的に大きな意味があります。

借金の支払いが整理される分、収入をそこに充てる額が減るかなくなるため、場合によっては貯金ができる可能性もあるからです。

一方で、さらに積極的な現金化として、過払い金請求があります。

過払い金とは、借金返済の際に過剰に払った利息のことであり、請求して取り戻すことができます。

特に長期間借金をしているような場合は、払う必要のない利息まで払っている可能性があり、過払い金請求をすることで借金の減額につながる期待ができます。

状況によっては、借金の残債よりも過払い金の額の方が上回る可能性もあります。

そうなれば、借金の完済と共に、残りの過払い金によって現金化が実現できます。

請求に関しては、債務整理の最中でも、借金完済後でも可能です。

過払い金は、個人の状況によって違ってきます。

少しでも可能性のある人や、自分の状況を確かめたい人は専門家に相談するといいでしょう。

-現金化コラム

Copyright© ゲンフリ , 2019 AllRights Reserved.