Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

不幸にして交通事故に遭ってしまったら、多くの場合は自分の愛車が破損したり、ケガをしてしまったショックでお金のことは二の次になってしまいがちです。しかし、そういったポイントを怠ると文字通り愛車が壊れたままで、何の補償もなく泣き寝入りになってしまいます。そうならないために相手の保険会社や自分の保険会社から少しでもお金を支払ってもらうことである意味交通事故の現金化的なことを行う必要があります。

現金化コラム

交通事故に遭うと大きなお金が動く?交通事故でのお金の手に入れ方

投稿日:

様々な事故がある?改めて知りたい!交通事故とは

事故には様々な種類があります。

天災によるものや火災、爆発なども事故に含まれますし、医療事故や放送事故と言ったものもあります。

そんな事故の中で主に自動車などの交通手段によって引き起こされるのが交通事故です。

交通事故に遭うと大きなお金が動く?交通事故でのお金の手に入れ方

人対車両によるものや車両対車両(車両相互事故)、車両単独事故と言ったものがあります。

そんな中不幸にも被害者になってしまった場合、乗っていた乗り物やあるいはケガのショックでお金が二の次になってしまうことが少なくありません。

そうなると後から補償がほとんどされずに泣き寝入りとなることもあります。

今回交通事故の補償の種類を説明し、あたかも交通事故で現金化できてしまう位積極的な補償請求について説明していきます。

積極損害に対する補償請求

交通事故の被害者になると損害賠償請求と言う形で様々な補償請求を行うことができます。

その中の一つに積極障害に関するものがあります。

これは交通事故でけがをしてしまった場合の入院費用や通院費用などいわゆるけがの治療費のことです。

これは人身事故にする必要があるため、ケガが軽いから物損事故で良いということは極力避けるべきです。

この補償は治療費の肩代わりと言う形が多いのですが、それらにかかわるものであれば現金で支払われることがあります。

例えば通院にかかった交通費や通勤にかかった交通費、不幸にして死亡してしまった場合は葬儀費用を支払ってもらえることもできます。

このように一見現金が手に入らないような積極損害に対する補償ですが、領収書を取っておき相手の保険会社に照会することで現金によって保証してくれるばあがあります。

なので人身事故になった場合はとりあえずかかったお金の領収書を取っておくのがおすすめです。

また、この積極障害に対する補償を受けることによって、他の補償を受ける根拠になります。

そのため交通事故をまるで現金化するくらいのつもりであれば、まず人身事故扱いにしてその他の補償を受ける準備をする必要があります。

消極損害に対する補償請求


消極損害に対する補償に関してですが、まずこの消極損害とは何かを説明していきます。

これは交通事故のせいで仕事などができなくなったために起こった利益の損害です。

交通事故でけがをしてしまった場合、治療のために通院や入院の必要が出てしまい仕事を休まざるを得なかった期間ができます。

そうなると収入や利益が減ることは確実です。

この仕事を休業した期間の補償を消極損害に対する補償として求めることができます。

これは一日の金額に休業した日数をかけたものが現金として支払われるのですが、この一日の金額が職業や自賠責の基準(5,700円/日)など様々な基準があり、より確実に実収入に近い金額を請求したいのであれば弁護士を立てるのがおススメです。

弁護士を立てればこの一日当たりの基準額を引き上げることも期待できます。

ただ、休業した日数が極端に少ない場合は依頼した分損になるので、長期にわたって仕事ができなかった場合あるいは死亡した場合に検討した方が良いのではないでしょうか。

慰謝料や物損・自分の保険会社の見舞金

交通事故での補償はこの他にも慰謝料や物的損害(物損)などもあります。

慰謝料は入通院慰謝料、遺障害慰謝料、死亡慰謝料がありそれぞれ治療期間(入院期間+通院期間)や実通院日数(入院期間+実通院日数)×2といった計算で求めることができます。

遺障害慰謝料は基準が1~14等級まで定められていて治療を行っても回復できなかった場合に支払われます。

ただし、むち打ちの症状によっては軽い場合でないことがあります。

このほか死亡した場合の死亡慰謝料があります。

物損の補償は修理費や経済的全損、買い替え費用等があります。

このほか代車の使用料や積荷損害といってカーナビなどの車内の物品の損傷についても請求可能です。

損傷した当時の様子を写真などで残したり、逐次相手の保険会社に確認を取ると場合によっては意外なものまで現金で保障してくれる場合があります。

これ以外に見落としがちなのは自分の保険会社です。

自動車事故に遭った場合特約でお見舞金などが出る場合があります。

つまり、自分の保険会社からも現金がもらえるのです。

なので事故に遭ったら自分の保険会社にも問い合わせてみてはいかがでしょうか。

泣き寝入りしないために!交通事故と現金化を意識!

このように交通事故に遭うと様々な補償を請求する権利が得られます。

しかしそのことを知らずに事故当日すぐ示談し、微々たるお金を受け取ってしまうと悲劇が起こります。

例えば事故の後から首などに痛みが出て大変な苦痛を味わい、治療費は自分持ち(事故での負傷は健康保険が利かない場合があります)という肉体的にも経済的にも泣き寝入りを強いられることがあるからです。

そうならないために気を付けることは、すぐ示談しない。

あくまで負傷したことで人身事故扱いにすると言ったことが大切です。

更に領収書を取っておいて、こういったものは補償が受けられるのかということを相手の保険会社に伝えることも重要です。

長期休業になる場合は弁護士も立てて請求額を上げる必要もあります。

また、て自分の保険にお見舞金などの特約が付いている場合があるため、自分の保険会社に対してもお金を請求することも行い。

交通事故で泣き寝入りせずに交通事故によって現金化するくらいのつもりで臨む必要もあるのではないでしょうか。

-現金化コラム

Copyright© ゲンフリ , 2019 AllRights Reserved.