Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

お金をチャージしたプリペイドカードは、残念ながら返金をしてもらうことはできません。しかし、現金化サービスなどを利用すれば、この問題は解決できます。かなり手軽に換金できるので、すぐに現金が欲しい時やプリカを使わなくなった時には便利。ただし、換金率などの注意点がありますので、これはしっかりとチェックしておきましょう。

現金化コラム

プリペイドカードで使っていない残高を有効活用しよう

投稿日:

プリペイドカードの特徴って?便利な反面デメリットも

プリペイドカードは事前にお金をチャージしておくことで、決算の時にこれを提示すれば支払いができると言う便利なものです。

プリペイドカードで使っていない残高を有効活用しよう

クレジットカードとの大きな違いは、その場でカードに入れたお金が利用される点。

クレカの場合は一旦、お金を借りたような形になりますが、プリカではその場で支払われます。

銀行口座の残高から支払うデビットカードとも異なり、あくまでもカードに入っている分だけを使って支払うため、使いすぎのリスクを減らせる特徴があると言えるでしょう。

プリペイドカードが浸透している理由をチェック

事前に入金した分しか支払いで利用されることが無いため、お金の管理が楽です。

しかし、この理由だけでは、ここまで世間に浸透することはなかったかも知れません。

他にもプリペイドカードには、チェックしておきたいお得な要素が幾つかあるのです。

お得要素の第一は、現金よりも多くチャージできるケースがある点でしょう。

すべてのプリカで言えるわけではありませんが、例えば1万入れると若干のオマケ分がチャージされるような仕組みがあったりします。

近年ではチャージすると、電子ポイントが付与されるようなものも見当たるようになってきました。

更にプリカで支払いをした後には、ポイントバックがあるケースが増えています。

現在では電子マネーも一般化していることもあり、こちらのケースは多いです。

種類にもよりますが、2%ほどのポイントバックがあるものも見当たります。

チャージと支払い、その他にも諸々のポイントが付与されて、5%程度お得になるものもあるようです。

自分で使う他にギフトにも最適!プリペイドカードの使いこなし術

上記のような特徴を持ったプリペイドカードを、更に便利にできる使いこなし術を見ていきましょう。

まず、プリカはカード審査が不要ですから、誰でも持ちやすいのが魅力的です。

しかも、現金と違って使用履歴を残せたり、ロック機能があるのも安心。

現金だと盗まれたらそれまでなものの、プリカなら使用を凍結できるタイプもあるわけです。

種類によっては18歳以上となっていることもありますが、基本的には子供にも持たせやすいのも魅力でしょう。

このために、子供にお小遣いとしてプリカを渡しているご家庭も見当たります。

使用履歴が判るタイプを持たせておくと、何を買ったのか判りますので現金よりも安心と言うわけです。

スマホ端末などから入金できるタイプもあるので、面倒がないと言う意見もありました。

また、その利便性からギフトにも利用されるケースが多くなっているようです。

これまでは商品券がギフトに選ばれるケースが多かったのですが、これには利用できる店舗の制限が厳しかったりして、不都合もありました。

この点で、プリカには多彩な店舗で利用しやすいタイプが登場しているので、ギフトとしても利便性は高め。

特にギフトカードとして、贈り物に特化したプリカを用意しているケースも増えてきました。

便利なだけではなくて問題点も!気をつけたい返金問題

近年はバリエーションも増えて、益々便利になってきたプリペイドカードですが、実は一度入金すると、原則として返金してもらえないと言う弱点があります。

この点を解消すべく返金対応をしている場合もありますが、未だ少数派と言えるでしょう。

したがって、基本的には入金してしまうと、現金が必要になったりプリカを使わなくなった時に、問題が生じてきてしまいます。

特に困るのが間違って買ってしまったケースで、この場合でも新品未使用なのに返金してもらえないのが一般的です。

このような問題が生じた場合には、選択肢はあまり多くはありません。

対応店舗を調べて、何とか自分で使い切るのが無難ではあるものの、用途が限定されていたりして使い切れないことも多いでしょう。

そこで、チェックしておきたいのが現金化の手段です。

プリカの残高を買い取って貰う形で、現金にすることができますので、困った時には利用してみるのがおすすめできます。

プリペイドカードを現金化する手段と選び方について

プリカをオークションなどで販売する手段もありますが、現金化サービスや金券ショップを使った方が、効果的かもしれません。

気をつけたいのが換金率で、これはチャージされた残高の、何%で買い取ってもらえるかを指します。

この換金率は現金化サービスや金券ショップだと高めになってくるので、オークションより有利になりやすいでしょう。

ショップやサービスによって変わってきますが、90%以上のケースが多く、中には95%程度で買い取っている場合もあります。

95%と言うと、ほとんど損失なく現金化できるのが魅力です。

どちらを選ぶかについてですが、金券ショップは信頼性、現金化サービスは利便性が武器と考えて良いでしょう。

金券ショップは店頭で交渉しますので、安心感があります。

現金化サービスは、宅配などでプリカを送付すれば良いので便利です。

信頼性については怪しいサービスもありますから、特に実績が豊富で口コミでも人気のものを選ぶのがおすすめできます。

-現金化コラム

Copyright© ゲンフリ , 2019 AllRights Reserved.