手元に現金がなくても買い物ができたり、現金を手元に用意するのに欠かせないローンやクレジットカード類は心強いですよね。いつでも使えて安心して持っていられます。安心と利便性に重要なのがクレヒスと呼ばれる、利用履歴です。一体どんな内容が登録されて、プラスに働くようにするにはどうしたらいいのかも覚えておきましょう。

現金化コラム

クレヒスは大丈夫?内容次第で上限枠アップもある重要情報

投稿日:

クレヒス=クレジットヒストリーの役目とは

クレジットつまり、信用を意味していて、その場の現金払いの代わりに後払いできる決済方法の契約状況を意味します。

クレヒスは大丈夫?内容次第で上限枠アップもある重要情報

例えばクレジットカードや様々なローン、ローンカードなどが該当します。

それらを契約するときには申し込みをします。

この時に記入や入力するフォーマットは契約書も兼用になっていて、申し込み情報を登録して審査しますという内容に同意することでもあります。

審査では他社での契約も開示され、今回の情報も含めて返済意思と能力があるか、本人の申し込みか、犯罪性はないかなどをチェックされるのです。

クレヒスは他社のものも開示されるので、うそをついた申告もバレてしまいますし、過去を含め支払い状況も開示されます。

逆に言うとスムーズな返済の情報が残っていると、信頼できる人と判断されて契約できる可能性は高くなります。

これがクレヒスが重要である理由なのです。

信用情報は加盟会社で互いに共有しています

クレヒスはカードやローンの申し込みをしたことがあれば、誰でも登録されます。

例えば今はもうローンを完済した、クレジットカードを作ったが解約した場合でも、一定期間は残るので多くの方が持っている履歴と言えます。

カードやローンを契約するときには、信用情報登録会社に申告内容や契約内容が登録されます。

これはのちに他の会社も情報を得ることができます。

つまり、自社の情報も開示するので、信用情報登録機関の加盟会社同士で情報を共有し合って審査に役立てているのです。

この信用情報登録会社は大きく分けて3つあり、CICとJICC、さらにJBAがあります。

どの団体に加盟しているかは各企業によって異なります。

複数に加盟しているところもありますし、3つ以外の他の団体に属しているケースもあります。

ここに登録される情報がクレヒスと呼ばれ、良いクレヒスであれば前向きの審査をしてもらえますし、悪いクレヒスが1つでもあれば他の業者であっても審査に引っ掛かってしまう可能性が高くなります。

つまり、クレヒスは利用するローン会社やクレジットカード会社が初めてでも、過去の分や他社の分も含めて丸見えになってしまうので重要なのです。

クレヒスで登録される情報とは

クレヒスとはどんな時に登録され、利用されるのかが分かったところで、具体的に登録される内容を見ていきましょう。

どんなことが情報として残されるのかですが、
①本人の情報
契約者の氏名や住所、電話番号や生年月日や勤務先名称など、本人に関する情報です。

個人情報全般で、電話は固定や携帯電話など複数出てくることもあります。

また、引っ越しをしていれば契約時の住所が残るので、旧住所が結びついて出てくるので、住所を変えてもクレヒスでは同一人物となります。

②契約情報
結んだ契約の内容が出てきます。

例えば契約日や契約の総額、支払い回数に商品名や契約した会社名も登録されます。

ここで契約金を支払い回数で割ると、月々いくら払う契約なのかの大まかな情報も計算できます。

③支払い状況
契約に対しての支払いの状況も残ります。

完済したのか、支払い途中なら残高はいくらかがわかります。

そしてここでクレヒスで重要になる金融事故情報も出てきます。

延滞や保証履行、破産なども表示されますし、その発生日も出てしまいます。

もし、解消したとしても解消日も残るので、マイナスのヒストリーとして後々まで響いてきます。

クレヒスで次のローンやクレジットカードが決まる!

クレヒスでどんな情報が登録されるのかでわかるように、過去の細かい情報まで他社に開示されます。

住所変更してもほぼ意味がありません。

つまりクレヒスの内容によって、これから先のローンやクレジットカードの契約が変わってきてしまうのです。

では、どんなクレヒスだと好ましいのかというと、単純に支払いが良好であることです。

約束通り支払っているだけも十分ですし、支払いを前倒しにした繰り上げ返済なども、きちんと返済する信頼がおける人物の印象でプラスに働きます。

逆に悪いクレヒスとは支払いがルーズな場合です。

金融事故は当然ですが、そこまでいかなくても延滞が何度かある方は、いくらその後に入金していても積極的になれる顧客ではありません。

クレジットカードやローンというと自分は関係ないと思いがちですが、住宅ローンやオートローンも当てはまりますし、携帯電話の機種代を分割する場合も信用機関に登録され審査されています。

電話代の滞納でもクレヒスに傷がついている場合も有りますので要注意です。

現金化でクレヒスに及ぼす影響は?

クレヒスはローンやカードを利用すればできてしまいますので、支払いには注意しなくてはなりません。

しかし、審査時に見ているのは支払い状況だけではありません。

カードやローンの使い方も審査していますので、現金化のし過ぎでクレヒスが怪しいとなってしまわないように注意も必要です。

ローンやクレジットカードで換金性の高い商品を購入して、それを売って現金化することはできます。

この時にも情報はクレヒスとして残ります。

あまりにも一時期に何件も集中すると、商品名も出るので目的が疑われてしまう可能性もあります。

そうなると確認の電話が来たり、最悪の場合は会員資格停止などもあるので、適度に様子を見ながらという姿勢も大切です。

ただ、現金化の目的がはっきりとしない限り、クレヒスに載ることはありません。

現金化の時の支払いを良好にすると、利用したくれた上に支払い能力もあると、むしろプラスに働き上限枠アップになることだってあります。

現金化で利用したときにクレヒスにプラスに働くようにすることも十分可能です。

-現金化コラム

Copyright© ゲンフリ , 2019 AllRights Reserved.