今や携帯電話は1人に1台の時代です。ほとんどの方が持っていて利用しているでしょう。その携帯電話を有効に活用する場面の1つとして広がっているのがキャリア決済です。しかし、各社で微妙に限度額が異なったり、設定の仕方も違います。まずは自分の使える枠を確認して、使いやすい設定に直しましょう。また、キャリア決済を利用して現金に換える方法も存在します。いざというときの知識として頭に入れておきましょう。

現金化コラム

キャリア決済は使う人を選ばない!便利な決済法で利用者も拡大中

投稿日:

キャリア決済は気軽に誰でも使える!

キャリア決済とは携帯電話料金と一緒に、ショッピングやアプリの課金代金などを支払うことができるサービスです。

大手携帯電話3社では既に導入されていて、使用できるサイトやお店は各キャリアごとにことなりますが、どんどん拡大しています。

キャリア決済は使う人を選ばない!便利な決済法で利用者も拡大中

クレジットカードと同様の使い方ができますので、クレジットカードを持っていない方や作るのに抵抗がある方などでも、不自由なくショッピングが楽しめるメリットがあります。

わざわざ申し込み用紙を記入するなどの手続きは不要で、キャリアの携帯電話の契約をしていれば、すぐに使用開始の設定ができます。

そのため、急な場合でもすぐに使えるようにできますし、多くの方に利用する場面がある、使い勝手の優れた決済方法です。

docomoのキャリア決済の使い方と注意点

docomoにはいろいろな支払い方法がありますが、もちろんキャリア決済もあります。

docomoの回線契約があればだれでも利用できて、spモードの他にiモード利用の方でも対応しています。

利用できる金額は初期設定の場合は、月に最大で10万円が上限です。

初期設定はこの設定金額になっていますが、自分で利用上限金額を変えることもできますので、心配な方は低く設定して管理することも可能です。

ただし、未成年の場合は月に1万円が上限となっていますので注意が必要です。

また、最大で10万円までであって、携帯電話契約年数や過去の電話料金の支払い状況によっては、低い上限額しか与えられていないこともあります。

ですから、利用する前に自分の上限枠や今の設定を確認しておくことが必須です。

また、月に使える上限枠には月々の電話料金を含めてなので、まるごと全部をショッピングに使えるわけではありません。

この点も頭に入れて使うことが重要です。

auのキャリア決済は選べる幅が広い

auのキャリア決済はauかんたん決済という名前で、携帯電話以外でもauひかりなどの契約者でも利用できます。

上限枠の金額も未成年にも配慮していて、12歳までは月に1500円、13~17歳までは月1万円まで、18~19歳は2万円までで、成人すると月に最大で10万円と設定されています。

auは携帯電話代と一緒に払うこともできますが、支払い先を選択できるのも魅力です。

他にはau WALLET クレジットカードやプリペイドカードに請求先を変えることもできます。

クレジットカードのポイントも加算される方法も取れるのが魅力です。

もし、au WALLET クレジットカードを請求先をすれば、リボなど分割で支払うことも可能になります。

もちろん、分割の手数料はかかるのでデメリットもありますが、支払いにゆとりを持たせることもできるように工夫されているのが、auかんたん決済の特徴です。

ソフトバンクキャリア決済の特徴とは

ソフトバンクもキャリア決済があり、まとめて支払いという名称です。

中身は他社と同じで電話料金と一緒に請求されるような仕組みです。

利用額は12歳未満が月に2000円で、20歳未満までは月に2万円まで、大人は月に最大で10万円となっています。

ソフトバンクもこの上限枠内であれば、自分でも上限設定ができますので、使いすぎ予防も管理できます。

マイソフトバンクのページのソフトバンクまとめて支払いから、今の使用可能金額や利用履歴もチェックできます。

利用できるのはソフトバンク回線を契約中で、3G通信サービスか4G通信サービスが条件です。

つまりガラケーでは残念ながら対象にはなりませんし、ソフトバンクグループである格安ケータイのY!mobileでも同じ内容のキャリア決済が利用できます。

利用可能上限額はソフトバンクが一定のタイミングで変えるので、知らないうちに変わっていたということもあります。

利用する前に確認するようにすると確実に決済ができます。

キャリア決済を使った現金化の方法

キャリア決済はまずは携帯電話回線の契約があること、使える枠が与えられていることが利用には必須です。

これがパスできているなら、キャリア決済をうまく使った現金化も可能です。

例えば、3社ともキャリア決済でネットショッピングができるようになっています。

ショッピングで換金できるような小物家電やゲーム機などを購入して、それを売って現金にする方法もあります。

以前は金券が購入できたので換金もできましたが、厳しく制限されるようになって不可になりました。

しかし、携帯電話各社が発行するプリペイドカードを使うと、遠回りで手間はかかりますが不可能ではありません。

プリペイドカードへのチャージをキャリア決済から行うと、チャージされたプリペイドカードで金券を購入することはできます。

それを売れば現金となります。

支払いの請求先はキャリア決済になりますので、間接的にはキャリア決済を利用して現金を得ることと同じです。

ただし、あまり頻繁に行うとチェックが入りますので、よく考えて使うようにする方が無難です。

使い方次第では便利にもなりますし、ピンチを救ってくれるサービスにもなります。

-現金化コラム

Copyright© ゲンフリ , 2019 AllRights Reserved.